<a>タグ-リンク設置タグ-

<a>タグとは、htmlのソースを見ると分かりやすいと思いますが、このようにテキスト部分にリンクとしての要素を加えるためのタグです(「このように」の部分がリンクとなっています)。aタグによってリンクが含まれたテキストをクリックすれば、指定されたページへと移動します。一般的なところだと、aタグによってリンクが加えられたテキスト部分は、 行き先となるページに関係した情報が含まれているので、「リンクを張る=移動先のページが現在のページと関連が深い」ことが推測されます。 こうした理由もあって、より正確な情報を収集しようとする検索エンジンのクローラーは「a」タグを非常に重要視しているのです。このページでは「aタグ」の仕組みや効果についてご紹介します。

ページ評価に関係する「a」タグ

yahooやgoogleといった検索エンジンのクローラーは、「a」タグが入っているテキストリンクの部分を他の通常のテキスト部分よりも重要視する傾向にあります。そのため、リンク部分に含まれているキーワードは、検索結果として上位にランクインさせたいキーワードが使われているのが好ましい、とされています。次のポイントしてあげられるのは「aタグが入ったテキストリンクの内容と移動先のページが適切かどうか」という点です。まったく関係性の内ページに移動させるのはスパム行為になりますので、検索結果で上位に表示させたいと思っても闇雲にキーワードを使ってそれを「a」タグで囲ってリンクテキストにしても効果がありません。むしろ、このような行為を頻繁に行うと逆にサイトとしての評価が低くなる可能性があります。

SEO的リンク記述

SEO対策を施すことを視野に入れ、「a」タグによってリンク要素が含まれているテキスト部分の記述方法について注意してみましょう。 具体的な例として下記の2種類のリンクをご参照ください。
  • 1:SEO的観点から見る「titleタグ」に関する情報はコチラ
  • 2:SEO的観点から見る「titleタグ」に関する情報はコチラ
上記の例2つは、それぞれ当サイトの「titleタグについて」のリンクテキストとなっていますが、 「1」については「a」タグで囲まれて効果が高いとされる「コチラ」のリンクテキストのみです。たいして「2」では、「SEO」や「title」といった当サイトで関連性のあるいくつかのキーワードが「a」タグよって囲まれているので、「1」よりも効果が高いリンクとなっています。

「a」タグが持っている効果

リンクタグが検索エンジンへ及ぼす影響として、少し例を挙げてご紹介します。google検索でキーワードを「こちら」にして検索してみると、 検索結果としてトップにあるのは大手ソフト会社の「Adobe」の「Adobe Readerのダウンロード」となっているのが確認できるかと思います。 なぜこのページが先頭にきているのかというと、PDFファイルを読むために必要な「Adobe Reader」のインストールを 扱っている他のサイトのページが、Adobeのサイトに対してリンクを張っているからで、そのリンクの表現方法の多くが「Adobe Readerのダウンロードはこちら」といったようなリンク形式になっているからです。