その他SEO対策に効果的なタグ

titleタグやmetaタグ、aタグ以外にもSEO対策の面から見て重要なタグがたくさんあります。このページではSEO対策として覚えておくべきタグの使い方として、「h1タグ」や「強調タグ」についてご紹介します。

h1タグ

ホームページを作る時、SEOの面から見てhtmlタグを適切に使用することは大変重要なポイントです。 特にその中でも「h1タグ」は「titleタグ」と同じくらいに重要で大きな役割を持っています。 「h1」は見出しとしての要素をもっているタグでその種類は「h1」から「h6」と合計6種類に分けられ。見出しとして一番効果が高いレベル(1)から一番低いレベル(6)までのランクを示しています。見出しはそのページで一番目立つポジションにあるので、「h」でマークアップされたキーワードやテキストは、そのページ内において特に重要であると認識され、特に一番高いランクの「h1」タグは役割としては「title」タグと同じくらいあり、クローラーも特に重要視しているhtmlタグとなっています。サイトにSEO対策を施す上で絶対に欠かすことができない必須htmlタグといっても過言ではないでしょう。h1タグでマークアップするテキストはtitleタグに使われているキーワードが含まれている、もしくは同じ内容のものにするのが一番高い効果を発揮すると言われています。そのため、h1タグとtitleタグの内容が不一致にならないようキーワードの選定と記述内容に注意が必要です。h1タグを使用する上で忘れてはいけないのが「ページ内で仕様するh1は一回だけ」ということです。重要な役割を持つタグだからといって、コンテンツ部分や項目のタイトルなどに何回もh1タグが使用されていると、クローラーにはスパム行為として判断されます。また、h1からh6のタグを使う時は、必ずh1タグが上位にあってそこから順に下がっていくように使用しなくてはならないことを覚えておきましょう。(h1タグでマークアップされたテキストの上にh3タグでマークアップされたテキストなどがあるのはNG)

「emタグ」と「strongタグ」

「emタグ」と「strongタグ」はマークアップされた部分を強調する要素を表しているhtmlタグで、「em」は強調、「strong」は「em」よりもさらに強く強調すると意味付けられています。これら強調タグは「p」などのブロック要素ではないので、見出し要素の「h○タグ」とは違ってインライン要素を使って記述することが可能です。

「B>タグ」・「Iタグ」・「FONTタグ」

「B>タグ」・「Iタグ」・「FONTタグ」、これら3種類は視覚的強調要素タグと言われています。ロボット型検索エンジンにおいてこれら3種類でマークアップされたテキスト部分は強調要素である「em」「strong」タグといった強調要素タグに次いで重要視されています。検索結果でヒットさせるためのキーワードを上記3種のタグでマークアップするのはSEO対策の面で非常に有効だと言われていますが、「FONTタグ」だけは文字の大きさを決める「size」に「+1」もしくは「+4」以上を指定しなくては意味がありません。その理由は、文字サイズを大きくすることでクローラーには「本文で使われているテキストサイズよりも大きい文字サイズになっている」と認識されることで重要なキーワードと見なされるからです。