.SEO -サイトマップページ-

SEO対策の基本的な手法を紹介する「.SEO」のサイトマップページです。当サイトでは、SEO対策として覚えておくべき「h1タグ」や「metaタグ」といったhtmlタグの効果的な使い方や、ロボット型検索エンジンでスパムとみなされる行為についてご紹介します。サイトのアクセスアップ、検索上位表示に必要なSEO対策を施して、ワンランク上のサイト作りをしましょう!

.SEO -トップページ-

ホームページを検索エンジンに最適化させるためには、SEO対策が本来どういった行為なのかというごく基本的なことを把握し、何よりどうすれば効果的に対策技術として作用するのかということを熟知しなくてはなりません。当サイトでは、極端に難しい専門知識から見たSEO対策ではなく、誰でも簡単に実施できるSEO対策の基本的な方法について紹介していますので、一人でも多くのホームページ管理人さんにSEO対策を施すための手助けができれば幸いです。

基本的なSEOの考え方

SEO対策にはその対策を施すための大きな前提、言い換えれば基本となるべき考え方が根底としてあります。この考え方はSEOを施すために覚えておくべき重要なことですので忘れないようにしましょう。このページでは、SEO対策を施す前提として覚えておくべき基本的なSEOの考え方についてご紹介します。

「title」タグについて

HTMLソースにページ名としてtitleタグは、ページの内容を的確に、かつ正確に表す必要があります。 このページでは、SEO的な観点からも無視できない「titleタグ」がSEOにどのような効果を発揮するかについてご紹介します。

「meta」タグについて

「meta」タグとは、yahooやgoolgeなどの大手ロボット型検索エンジンにおける「スパイダー」プログラムにサイトの情報をきちんと収集させるためのhtmlの記述方法です。metaタグはこのページで紹介しているもの以外にもいくつかありますが、ひとまずこのページではmetaタグが持っている役割や記述方法についてご紹介します。

「a」(リンクタグ)について

aタグによってリンクが含まれたテキストをクリックすれば、指定されたページへと移動します。一般的なところだと、aタグによってリンクが加えられたテキスト部分は、 行き先となるページに関係した情報が含まれているので、「リンクを張る=移動先のページが現在のページと関連が深い」ことが推測されます。 こうした理由もあって、より正確な情報を収集しようとする検索エンジンのクローラーは「a」タグを非常に重要視しているのです。このページでは「aタグ」の仕組みや効果についてご紹介します。

その他のタグ

titleタグやmetaタグ、aタグ以外にもSEO対策の面から見て重要なタグがたくさんあります。このページではSEO対策として覚えておくべきタグの使い方として、「h1タグ」や「強調タグ」についてご紹介します。

キャッシュについて(対クローラー)

SEO対策を行う上で無視できないのが、ページタイトルにもある「キャッシュ」です。このページでは、ロボット型検索エンジン用の対策として知っておくと便利な「キャッシュ」についてご紹介します。

スパム行為にご注意

ホームページがサイトを巡回しているクローラーの評価によって決まっていることは説明しましたが、このクローラーに「検索順位を不正な方法で上位に表示させている」と認識されてしまうと極端に順位が下がったり、最悪の場合インデックスされなくなってしまいます。ここでいう「不正な方法」が俗に言う「スパム行為」であり、言い方を変えれば「検索エンジンを騙す方法」とも言えます。このページでは、クローラーに不正な方法と認識される代表的なスパム行為についてご紹介します。

アクセス向上のために

SEO対策を施してアクセスがアップするようになったら、さらなるアクセスアップのために色々な工夫を施してみましょう。 このページではアクセス向上に役立つアクセス解析ページの活用やサイトの修正・更新、ユーザビリティについてご紹介します。

.SEO -リンクページ-

リンクページでは、SEO対策を紹介している企業やSEOと関係性のあるホームページを紹介しています。